運命の餅

餅つきは交響曲の薫り


こんにちは、音楽雑貨店プレリュード 店長の藤岡です。

年あけて、成人式もとうに過ぎて、早くも3週間が過ぎました。
このままずるずると、今年もあっという間に暮れちゃうのかな〜 なんて、ハッと気になったりします。
だいたい、1ヶ月過ぎたりとか、春になって桜が咲いたりとか、何かきっかけがあると、元旦を基準に『月日の流れが早いなあ』と、なんとなく焦燥感と無力感を感じることが常なのですが・・・

 
でも、「1ヶ月が一年の1/12」だと言うことは計算上では理解できるものの、1ヶ月を12回積み重ねた1年という時間で本来なら何がなし得るのか、過ぎた時間がどの程度の位置にあるのか、凡人たる店長に今ひとつイメージしえないでおりました。

 
そこで、おもむろに小澤征爾指揮・サイトウ・キネン交響曲第5番「運命」のCDを取り出してみました。
演奏時間は、4楽章合わせて31分03秒。これを一年365日に例えると、今日1月21日はいったいどの辺なのでしょうか?
 
計算すると第1楽章冒頭から1分47秒経ったところ・・・でも、この数字ではイメージわかないので、スコアを見ながら曲を聴いてみると、『第1楽章の最初を繰り返で冒頭に戻った後、提示部で第一主題部の後半に入った部分』だということがわかります。まだまだ最初の方、序の口です。
 
これから、展開部、再現部を演奏して、コーダに入って、それから2楽章、3楽章、4楽章と続いて、あと29分16秒を掛けて、最後にあの壮大なフィナーレに入るわけです。
 
これを1年365日に引き戻すと、3週間過ぎてしまったけどまだまだ序の口で、あと49週間で素晴らしい一年のフィナーレを迎える可能性もある、ということ(?)になります。 過ぎてしまった時間への無力を思ひ計るより、来たる時間の可能性に掛ける一年にしたいものです。それには、同じコトの繰り返しではなく、新たな展開へのチャレンジも必要なのだと思いますが・・・
 
 ♪  ♪  ♪
 
さて、正月と言えば我が家では餅。
『切り餅1個 = ご飯一膳』のカロリーだと警告されても、雑煮・海苔・醤油・きな粉・あんこ・チーズ等々アレンジして、バクバク食べてしまいます。そんなわけで今までは食べるの専門たべものがかりだった店長なのですが、今年は、餅つきにチャレンジしてきました。
 
地元の幼稚園の餅つき大会で急な欠員が出たことからピンチヒッターだったのですが、これがなかなか面白かったです。
餅米が餅に替わっていく様、杵を振り上げてから振り下ろすリズム感、難しいけどうまく合ったときの喜び、合奏に通ずるものがありそうです。パーカスの人とか、初見でも餅つき上手いかも知れませんね〜 ちょっとスティック重すぎますが・・・
  
ということで、食べるの専門の例年から、作る「餅つき」に展開できた今年は、何かいいことありそうな気がします。

4楽章の最後まで頑張って参りますので、今年もプレリュードをどうぞよろしくお願い申し上げます。